Son of the Smith Hard Cider 

“original”

Spec

サノバスミス オリジナル

LOT: SO-2007A

Style: ボタニカルサイダー / Botanical Cider

ALC: 6.7%

Apples: グラニースミス 他

Yeast: 清酒酵母 (Saccharomyces cerevisiae K701号)

With: Sweetgrass / 山河香煙研究所

Story

2015年から始まった、米国オレゴン州・ワシントン州でのハードサイダー・クラフトビール研修の旅。その旅から生まれ、後に社名へと引き継がれることになった1stバッチは、私たちの挑戦と狂気の象徴でした。

 

2020年、私たちは自社工場に研究と生産機能の全てを移管することに。1stバッチリバイバルの機運が高まっていましたが、グラニースミスを主原材料とする新しい製法開発に着手し、「サノバスミス オリジナル」として刷新したのです。

  

「サノバスミス オリジナル」は、日本屈指の香煙研究家「山河香煙研究所」との協業により生まれた、香草の香気と果実味が絡み合うボタニカルサイダーです。グラニースミスの果汁を清酒酵母で主発酵させた原液に、京都産のスイートグラスを浸漬させてテイストをチューニングしています。

スイートグラスは、北アメリカ大陸特定地域原産のイネ科耐寒性多年草であり、ネイティブアメリカンにとっては非常に身近で大切な野草です。クマリンという香気成分を含有するそれは、バニラや桜餅のような甘やかで神聖な芳香を放ちます。

 

清酒酵母由来の春を感じさせるような甘い香りと、スイートグラスの自然の香り。グラニースミス特有のフレッシュ感。いつまでもグラスの中に留まり続けるような、複雑に混じり合う「サノバスミス オリジナル」の芳香と爽快感をお楽しみください。

Brewer's Note

繊細な清酒酵母の取り扱いは非常に難易度の高いものです。最適な発酵へと導くためには、日々分析データをもとに管理することが欠かせません。

 

熟成期間を設けると、原液からはフレッシュな甘みを引き出すことができ、そこにスイートグラスを浸漬させることで重厚感も加わります。口当たりはドライですが、ジューシーな果実味と酸味に思わず頬が緩むはず。私たちが日々の畑仕事を終えた後、談笑しながら飲みたい「お疲れ様の一杯」に仕上がりました。

 

ハードサイダーを作るために農作業を続け、農作業で一汗かいたらハードサイダーで疲れを癒す。私たちは、そんな生活そのものがサイダーカルチャーであるような生き方や暮らしのあり方を、「サノバスミス オリジナル」を通して表現します。